ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

駆け抜けたぜ!8月


あっ!



という間に8月が終わりました

1ヶ月間、かけずり回ったなあ!



7月にベビーシッターを終え、

学校の期末テストも終え、一瞬のんびりしたのも束の間、

8月1日からまた日本食レストランでアルバイトを開始


これがまあ、エラく大変で。

8月は年季の入ったスタッフたちが

みなバカンスに旅立つため人手不足。

そのお陰ですぐに雇ってもらえ、

たくさんシフトに入れたのですが、忙しかった…



何せ8月末までは、猫シッターでもあったのです。

パリに来た最初にお世話になっていた大家さん宅に、

再度、大家さんのバカンス中

猫の世話係として住ませてもらっていました。



高齢&病気の猫。

去年よりも体調が悪く、

獣医さん曰く「死期が早まっています」と。


大家さん夫婦にとっては、

まさに自分たちの娘のごとく可愛がっている老猫。

何かあっては責任が取りきれません。



前回は、朝と夜 1日2回ご飯

夜 1日1回薬

だったのですが、

今回は、朝昼夜 1日3回ご飯

朝夜 1日2回薬





猫可愛がりされている猫なので、

なかなかのグルメ(我がまま)。



エサは2種類、

乾燥した粒粒タイプと、生っぽいエサをあげます。

乾燥タイプよりも生タイプの方が

消化に良いので、なるべくこちらを食べてほしいとのこと。

生エサは、食べやすいよう

少し水をかけ、スプーンで細かくしてあげないといけません…。

しかも、1〜2時間たったエサには振り向きもしない…!




この1年、病気で激痩せした猫。

昨年3.6キロあった体重が、今では2.6キロ。

大家さんの出発直前、獣医さんを訪ねたところ、

「体重が2.4キロを下回ったらマズいです。

その時はすぐに病院に来てください。」とのこと。



そういう訳で、

なるべくたくさん食べてもらわなければ困ります。

エサやりにも手が抜けません。



学校のある間は、午前中の授業のあと、

お家に帰って昼食をとっていたので、

猫にもエサをやれたのですが、

バイトを始めると、“1日3回ご飯”がクセモノ



この1ヶ月間、猫のため、

朝10時〜11時半からバイトを開始し、

16時に一旦休憩をもらい、

バイト先から家まで1時間(!)かけて帰宅。

猫にエサをやり、

また1時間かけてバイト先へ。

そして19時から23時までバイト。

これを週5日繰り返し



朝から晩まで働いているように見えて、

中3時間は猫エサタイムをいただいてるため、

意外に稼ぎが少ないのが辛い。



お家に帰ってウトウトしてしまった夕方、

バイト先に戻るため、

慌てて最寄り駅に向かって走っている時、

将来、絶対にお金持ちになる!と胸に誓いました。




さて、今回の和食屋さんは

前のお寿司屋さんとは違い、

シェフがネパール人ばっかりなのが良いところ!

サービスの日本人アルバイトさんたちは、

意地悪だったりでどうも苦手ですが、

ネパールやインドやスリランカ、ポルトガルの

シェフたちはみんな気さくで本当に面白い!



この食堂、いつも行列ができる大繁盛店。

最初の1週間は、

サービススタッフたちからバシバシ言われ、

眼が回ってパニック状態。



しかし、

暑く煙たいキッチンで、

朝から夜まで、働きっぱなしのシェフたちは、

八つ当たりもせず、意地悪もせず、

陽気で明るく、

ずっと冗談を言ったり、歌ったり。


心底感心してしまいます。



又聞きしているところによると、

週に60時間働いているとか、

給料が安いとか、

いろいろな事情で国に帰れない人もいるそうです。


それなのに、こんなに楽しくできるなんて。


いろんな人のことや、働き方を

観察しているだけでも、勉強になります。

状況に左右されず、

自分でどこにでも楽しい状態をつくれるようになりたいです。



賄いは基本お店のメニューからなんでも食べられるのですが、

シェフたちはみんな勝手にダール(豆カレー)を作ったり、

ネパールな料理を作っていて、

それを味見させてもらえるのが、このバイトの良いところ!



嫌なことはいっぱいありますが、

とにかくお金は稼げるし、

みんな意地悪だった寿司屋に比べると、

面白い人もいるし、賄いも無料、

制服も支給してくれます。




だから今回は、

しょうもない陰湿な人に対して、

キリリと反論できるようになるか、

全く気にせず動じもしないようになるか、

自分を鍛えるチャンスとして

もうちょっと頑張ろう!




でも、嫌な部分にフォーカスし過ぎて、

私まで湿気た嫌な奴にならないように、

それだけは気をつけよう!




d0333961_04032427.jpg



休みの日は友だちと、お家でブランチ

パティシエの友人がササッと焼いてくれた、

スコーン

めちゃくちゃ美味しいじゃないかー!

焼き立てに、クロテッドクリームとイチゴジャム

クロテッドクリーム、良い仕事するわあ。

今までで1番美味しいスコーンだったな!


忙しい中でも充実した時間、過ごしてます




[PR]
by nanaoparis | 2016-09-05 04:01 | パリ日記
<< 8月の家計簿 テレビ中毒 >>