ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

ソルボンヌ文明講座って、実際どう?


ソルボンヌに通ってみて

*週20時間F10コース、B1.1レベル


☆良かったところ

・文法をきちんと習えること
 とても良い先生にあたったのでラッキーでした
 今まできちんと文法を習ったことがなかったのですが、
 1学期間受講したことで、
 現在、半過去、複合過去、大過去、近接未来、単純未来
 ジェロンディフ、サブジョンティフ、条件法
 をなんとか理解できるようになりました
 …実際に使いこなせるかと聞かれると、難しいですが。

 自分で勉強してるのでは理解できなかった細かい部分、
 イレギュラーな部分など詳しく説明してもらえます

 そして先生の能力で1番関心したのが単語の言い換え力
 分からない単語を簡単なフランス語に言い換えて
 説明してくれるのが巧い!

 授業の内容については申し分無いかと思います


・友だちができた!
 本当に仲良しのお友だちが2人できたこと
 これが本当に良かった!
 それ以外にもお友だちや顔見知りがたくさんできます
 
 私のクラスは全然ワイワイ仲良くなかったので残念ですが、
 友だちのクラスは今からクラスメートみんなで
 スペインにスキーへ行く!と言っていました
 楽しいクラスにあたればとってもラッキー!

 クラス以外でも、お茶の飲めるサロンがあって、
 ここでいっぱい友だちできました


☆悪かったところ

・高い!
 満場一致で生徒たちみんなが言うこと。

 学生ビザを取得するには週に最低20時間
 授業に登録しなくてはなりません
 ソルボンヌでは
 文法週10時間、発音矯正隔週で週5時間
 +講義形式授業をとる = 週20時間
 というF10コースがポピュラー
 文法は間違いなく取る価値ありの質の高い授業ですが、
 講義形式授業がイマイチ
 大学の講義を理解できるB2〜C1レベルであれば、
 面白いかと思いますが、
 現在B1.1レベルの私には難しかった!
 2時間フランス語を聞く体力をつける練習と化していました
 
 と、考えると、
 実際週10時間ぐらいしかきっちり習う時間がありません
 そう思うと費用対効果が低い
 ただこの講義授業がある分、
 私立の有名校などと比べると格安ではあります
 が、実質の授業時間は非常に少ないと感じます

 もし余裕があれば、
 講義授業無しで1日4〜5時間ほどみっちり文法を習うクラス(高め)か、
 オーペアビザやワーホリで来ていて
 授業時間数に縛りがないのであれば
 文法授業週10時間だけのコースがオススメです

 発音矯正については、コムシコムサ〜
 可もなく不可もなく


・授業ペースが後半速くなる
 学期初めは先生も余裕があり、
 分からないことはなんでも聞ける質問しやすいムードだったのですが、
 12月中旬頃から一変
 お急ぎモードに変わってしまいました
 一応質問には答えてくれますが、
 学期初めの丁寧さはなくなります
 どのクラスも同じレベルの生徒は同じ卒業テストを受けるので、
 教えるカリキュラムがキチンと決っているからでしょうか 

 やっぱり1日2時間ってのは少ないなあ
 あっという間でした


・朝が早い!
 私の文法授業は毎日朝8〜10時
 学期始まる前のクラス分けテストの際に
 希望時間を3個選べるのですが、
 第1希望の10〜12時のクラスがやはり1番人気とあって
 この時間になってしまいました

 寒い冬、朝起きるのが本当に辛かった…

 ただ、継続して受講する場合、
 2学期目からは希望の時間に優先的に登録してもらえます

 8時からのクラスを受けている生徒は
 仕事をしている子が多いみたいで、
 授業に来ない子が多いので
 少人数で受けられるメリットはあるかも
 特に月曜日は眠たいからか、来ない子が多かった
 10時クラスの方が遅刻や欠席が少ないそうです

 


以上、1学期間受講した所感をまとめると、

文法の授業の質は間違いなく良い!
(もちろん先生によって当たり外れはありますが、変更可能)

実質の授業時間数を考えると高い!

です。



という訳で、来学期は学校を替えてみようと思います

良い学校情報お待ちしています
[PR]
by nanaoparis | 2016-01-20 04:34 | パリ日記
<< Seu Jorge 冬学期終了! >>