人気ブログランキング |
ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

パリのお家の見つけ方


11月中、さんざん探しまわったパリのアパート

どうやって探したか、探す際なにに注意したか

次回の為に書き留めておきます




まずお家探しに使ったサイトなど

*日本語掲示板
・ovni
・jimomo
・Mixb
・パリ掲示板
・フランスダイジェスト
・在仏日本人会HP
・ミクシィ
・FR japon

日系サイトは大体返事が返ってきます
ただ、良い物件はとっても人気で取り合いです
内覧の予約をとってもその前に先に決まることもしばしば
大家さんがフランス人の場合でも、
日本人に貸したいという方も多く、
怪しいフランス語でメールを送っても、親切に対応してくれる場合が多かった


*フランス語or英語サイト
・appartager.com
・pap
・bon coin
・weroom
・omni
・airbnb
・Plan Appart Coloc à Paris

ほとんど返事が来ません
まずは、フランス人にメール分を添削してもらってから送った方が良いと
アドバイスされました
appartager.comは有料会員が優先的に希望の物件にメールを送れます
自分の条件を登録しておけば、有料会員の大家さんから
オファーのメッセージが届きます
これに返信する場合、大抵返事が来ます
ただ400ユーロ代だとかなり遠方の郊外の物件ばかりでした


*その他
・友人の口コミ
・語学学校の掲示板、住居アドバイス担当の人
・日系食材店(京子)掲示板
・学生寮
・日系不動産屋

語学学校の掲示板は返信率高め
ただソルボンヌの住居紹介や、掲示板に貼ってあるのは
高いところばかりでした



お家探しで重視したこと、希望条件
・シェア できれば外国人orフランス人
・家具付
・家賃 400代ユーロ、管理費/水/電気/保険/wifi全込みで500ユーロ希望
・wifi
 自分で契約する場合、契約してからモデムを設置して、
 使えるようになるまで1ヶ月かかることも普通だそうなので、要注意
・階数とエレベーターあるか(7階までなら無しでも良いかな)
・アロカシオン(住宅補助)申請できるか
 学生ビザの場合、アロカシオンが申請できます
 部屋の広さなどによって月に100〜200ユーロほどもらえます
 が、これまた手続きがうまくいかないと、実際に入金するまで半年かかった
 なんてことは日常茶飯事。アロカシオンありきで家賃を考えていると痛い目に遭うかも
 あと、引越した1ヶ月目の分は補助でません
 ルームシェアの場合支給額が減るので、1人暮らしの方が安くすむ場合もあります
・洗濯機
 無いお家多数。コインランドリーがたくさんありますが、1回4〜8ユーロぐらい?
 大家さんとシェアの場合、1回○ユーロ支払うこと、なんて物件もあるので、
 契約前に使って良いか確認すること
・冷蔵庫
・窓
 窓の無い部屋、あっても開けると横の建物の壁、なんてこともありました
・最低契約期間
・保証人いるか
・保証金
・中央暖房
 中央暖房だと、暖房代が助かるうえとってもポカポカ
 冬でも半袖で良いくらいでした
・シェアの場合、お友だち泊まっても大丈夫か
・地区、治安 ※昼と夜の様子をみる
 高級住宅街は治安が良いようで、夜になると
 みんなタクシーで移動するから歩いてる人が誰もいない!
 なんてこともあるそう。
・近くにマルシェ出るか
 おいしいパン屋さんと安い大型スーパーあればなお良し



と、こんな感じであらゆるサイトや掲示板で

目についたアノンスにはどんどんメールを送って探しました


郊外5軒、市内7軒見ましたが、理想的なお家って

なかなかあるもんじゃないです

そして取り合いなので、決め時が大切

ちょっとしたギャンブル気分です



私は1番住みたかったアパートがタッチの差で

他の人に決められてしまいました


結局選んだのは、

家賃(管理費込み)465ユーロ、+水/電気/住宅保険/wifi
合計 約540ユーロ/月
※電気や保険やインターネットを自分で契約しなければならず、
 これがとっても面倒でした!
 できれば大家さんがすでに契約していて、
 全て込みの値段を毎月払う物件の方が楽だと思います

アロカシオン申請可

日本人の女の子とシェア

パリ市内

治安良し

目の前に週2回マルシェが出る!

最低契約期間無し!
自分で次の入居者を見つければいつでも引っ越してよし!

中央暖房無し

友だち泊まってよし!

窓が大きく太陽の光が入る!

洗濯機、冷蔵庫、食器、家具、ドライヤーなど完備



というところに落ちつきました

いや〜本当に大変だったなあ...

窓が大きいところと、いつでも出れるところがポイントになりました



11月のお部屋探しはオススメしません!

学期の変わり目の2月頃や9月頃だと

留学生向けの物件がたくさんあるそうなのですが、

11月だと帰国する人はもうみんな返っており、

12月のバカンス前とあって、お家探しには向かないと

他の留学生仲間も言っていました

引越の際はお気をつけて!


ただ、パリの助かる点は、個人間での物件のやり取りが盛んなこと

正規の不動産屋を通すと、高額な手数料を取られますし、

フランス在住の保障人が必要の場合、留学生が借りるのは至難の業かと思います


日本人は清潔で静かだから、フランス人の大家さんでも

日本人専用で貸している人も多いようです

なので留学生同士の口コミが大きな情報源になります

大家さん宅の間借りだと、フランス語を使って生活できるので

本当は間借り希望でした





それから、日本からパリに来る場合、

土地勘がなく治安が不安かと思います


治安が良いと言われている場所でも、一本道を曲がると

ガラッと雰囲気が変わることもしばしば

ここには住みたくないなあ...って場所もいっぱいあります



逆に、渡仏当初は治安が悪いと言われているRER B線を使っていましたが、

特に危険なことはありませんでした

むしろ速くて便利なので私は好きです



できれば自分で昼と夜、2回見てみることをオススメします



参考までに

郊外/市内の物件を多数みて、街歩きをしてみて

私が住みたい地域トップ3!パリ市内編

1.メトロ2番線Rome駅北側 バティニョール地区
 メトロから地上に出た瞬間、ここに住みたい!と思った街
 17区と18区の間、Place de ClichyからVilliers北側辺りを
 バティニョールと呼ぶらしく、下町っぽさを残しながら
 最近はお洒落ブルジョアな方々が引っ越して来る人気エリアだとか
 かといって、マレ地区や1区のようなハイソな感じではなく、
 程よい下町感が粋
 小さくて、ちょっと洒落たお店多数
 ビオのマルシェも出るそうです

2.メトロ2番線Belleville〜Ménilmontan周辺
 散歩中に恋に落ちたエリア
 ベルヴィルは大型中華スーパーあり、安旨中華レストランあり
 そこからメニルモンタンの方へ歩いて行くと
 アラブ中近東系の香りあり
 パリにいながら世界旅行気分を味わえる楽しい街
 見たことの無いものが売ってる食材屋さんがいっぱいあって、
 そのなかに若者向けな小洒落たカフェがあったり、
 散歩のネタには事欠きません
 がやがやしていて、夜は危ないという声もありますが、
 人種や文化がミックスしている街が好きな人にはぴったり
 2ユーロくらいで買える服屋さん多数
 羊肉のムスリム系肉屋さんも多く、生活には便利なはず
 それでいて、アパートの中に勝手に侵入してみると、
 すっごくお洒落で高級な住宅地だったり
 ギャップが素敵です

3.メトロ8/9番線Bonne Nouvelle〜Strasbourg Saint-Denis近辺
 大通りはちょいと高級感があり過ぎありますが、
 細い道に入ると、一変
 インド系パッサージュあり、ブルガリア食材屋さんあり、
 トルコ食材屋さんあり、アラブ系レストランあり
 この辺りも人種が混ざり合っていて、その中に
 ハイセンスなお店が進出してきている雰囲気
 ごちゃごちゃ感が良い



+パリ郊外編

RER B線Boug-la-Reine
パリ北郊外
もともとお金持ちのお年寄りが多いエリアだったのが、
子どものいるファミリー層が移り住み、活気ある人気エリアに変身
治安も良し
B線の特急列車も停まるため、パリ中心まで10〜15分ほど
市内の辺境地よりよっぽど便利です
RERは終電がメトロよりも早いですが、
夜遅くなっても、深夜バスがあるので大丈夫
ちょっと値段が高めですがマルシェもあり、
スーパーや郵便局、銀行、美味しいパン屋など
生活に必要なものがコンパクトにまとまっています
マルシェは高いけれど、スーパーは郊外プライス!
大きなカルフールがあって便利
日本人ショコラティエが去年オープンしたというチョコレート屋さんも美味しい!
ちなみに隣り駅Bagneux駅近くの中国人オーナーのパン屋さんが
安くて美味しい!いろんなパン屋さんで食べていますが、
今まででここが1番好きなパン屋さんです






お家探しは縁と運とタイミング

みんな頑張れ!
by nanaoparis | 2016-01-10 04:15 | パリ日記
<< 冬学期終了! 12月家計簿 >>