ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

日本のお友だちから嬉しい近況報告


この日曜日、久しぶりに日本のマブダチと電話

LINEやskypeがあれば、日本とフランスでも

無料でお喋りできるなんて、なんと便利な時代なのでしょう



さて、お互いに近況を報告

彼女は1年ほど前か?新卒で就職した会社を辞め、

芸術の世界を目指すことにしました


大学では他の分野を学び、就職先も全く違う業界だったため、

学芸員の資格取得目指して再び学び始めた彼女


ギャラリーでアルバイトを始め、

そして経験を積むため、まずは国際的な写真祭で

無給のインターンとして活動を開始しました



そして今年、去年はインターンだった写真祭には

正式にスタッフとして採用され、

さらにそこで出会った人に声をかけていただいて、

東京で開催される有名ブランド主宰の展覧会にも

関わらせてもらっているとか!


この1年、たった1年で大きな変化です

全く違う業界に、情熱ある初学者として飛び込み、

やりたいと言っていたことを本当に実現させることは、

並大抵の努力では無かったことでしょう

努力だけではなく、人との縁やタイミング、運

そして誠実さ



こうして新しいライフワークへと舵を取った彼女が

どんどん前に進んでいっていると

私もすごく嬉しい


頑張っている友だちがいることは、何よりの励みになります






そしてもうひとり

昨日メッセージを送って来てくれた友人


新卒で看護士として働き始めるも、

彼女も先ほどの友人と時を同じくして

ファッションへの情熱にかられ退職


単身東京へ乗り込みファッションを学び始めました


4年間学んで得た看護士としての仕事をやめ、

本当に自分が情熱を感じることを選ぶこと


きっと大きな勇気のいることだったと思います



彼女が作った作品の写真を送って来てくれました

d0333961_05391983.jpg

d0333961_05394394.jpg


すごいなあ!自分で服が作れてしまうなんて!

私には想像もできない世界です

だけど好きで、作りたい!と思うと

作れるようになってしまうんだな

やりたいっていう力はすごい!



もともと映画や舞台の衣裳の仕事がしたいと言っていた彼女

今は学生ながら、誰もが知っている劇団の衣裳部で

仕事を手伝っています




ちょうど同じタイミングで2人の友人から嬉しい連絡があり、

元気をもらいました


2人とも、いわゆる安定した仕事(それが本当に安定しているかは別として)を辞め

情熱に従って、経験の無いチャレンジングな世界へと

身ひとつで向かって行きました


そして今、着実にやりたかったことへと進んでいます

それもこの1〜2年の間に。


人生って、これをやるぞ!って決めてしまえば、

そして情熱をエネルギーにして動くと、

どんどんと楽しい方向へ漕ぎ出して行けるんだなあ!



私も、世界を舞台に面白可笑しく生きていけるよう

もっと頑張ろー!





先日大家さんと話していて思ったこと。


もうウン十年と芸術家として生活している大家さん

小さなころから絵が好きだったそうです

移り気な私からすると、小さな頃から好きだったことを

大人になって仕事にしている方に出会うと

心底感心してしまいます



なんて意志が強く、才能に恵まれていたんだろう

きっと迷うことなんて無く突き進んで来られたんだろうなあ、

すごいなあ、と思っていたのですが、


大家さんに聞いてみると、


本当にこれが自分にあっているのか?

自分には向いてないんじゃないか、

もっと別のことがあったんじゃないか

と思ったことは多々あったし、他のことを試したこともあった


今まで出来ていたことなに、

どうやっても何をやっても上手くいかない時もあった


でもこれが自分で選んだ道だから。

と言われました





自分から見て、あの人は迷ったりしないんだろうとか、

自信に満ちて見える人でも

誰でも迷いながら、時に違う選択肢を試してみながら

そうやって自分の道を見つけて行っているんですね



けれど自分の心に従って選択したことであれば、

また次の分かれ道でも

良い方向へ進んで行けると思います

[PR]
by nanaoparis | 2015-11-11 08:00 | パリ日記
<< 無事です 言葉との戦い >>