ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

衝撃的な日本映画、伊丹十三バンザイ!


いや〜さすが、映画の街、パリ


まさかこっちに来て、映画館で伊丹十三の映画を観れるとは

思ってもみませんでした



先日、語学学校のクラスメイトさんに教えていただいて、

調べてみると Saint-Lazare Pasquier 映画館で

伊丹十三の「たんぽぽ」こと『Tampopo』が上映中


映画と日本大好きフランス人のレオと、

クラスメイトの洒落たシンガポールガール、フイジア

3人で観に行って来ました



ギャラリーラファイエットも近く、ショッピングモールがあり、

乗り換え路線の多い大きなSaint-Lazare駅と

同じサンラザールという名前を持ちながら

いかにも場末といった風情溢れる映画館 Saint-Lazare Pasquier



丁度、火曜日と木曜日の

20:15〜22:00に始まる回の上映は

誰でも3.5ユーロの破格値!ラッキー!

(パリは同じ映画でも映画館によって値段が違います
大体どこでも午前中の上映は安く、5.5〜6.5ユーロくらい
通常料金は7.5ユーロ〜12ユーロくらいなので、
3.5ユーロはとても懐に優しい価格設定です)



ガタピシした階段を降りると左手には

パリお決まりの扉に難のあるトイレ、

一段下がると映画ホール


中に入るとほとんどお客さんがいません

どこにしよっか〜と言っていると、

他のフランス人のお客さんから

「全然お客さんいないもんねえ〜」と言われました

でもJuzo ItamiはMagnifiqueなんだよと伝えましたが、

果たして楽しんでくれたでしょうか



d0333961_6114483.jpg




上映は日本語音声に、フランス語字幕

このユーモアの感覚、文化の壁と翻訳の壁を乗り越えて

フランス人に届いたのか?



上映中、日本人のステレオタイプに予備知識のある

レオと私はとにかく大爆笑

自分の笑い声で、他の観客の様子まで分かりませんでしたが、

フイジアは面白い…けどよく分からなかった!!と

仰っていました


ユーモアの感覚は難しい



だけどやっぱり伊丹十三はお洒落だなあ〜

ストーリーの本筋に、

意味の分からない小話を入れ込む切れ味とセンス

死ぬ間際までの食への執着心

くだらなさの中に香る知性と上品さ

映画の中、随所に散りばめられた、

"遊び"の感覚にしびれました




日本映画ってこんなに面白かったんだなあ


どうも近頃の邦画は、テレビドラマの豪華版か、

湿気の多い映画、

小市民的な傷のなめ合い感が苦手なものが多く、

食わず嫌いでしたが、古い映画からもっと邦画も

観直して行こうと思いました







久々に大爆笑してスッキリ!

もう1回観に行こうかしら

何かお洒落なことがしたいな〜!
[PR]
by nanaoparis | 2015-11-08 06:20 | パリ日記
<< パリがお洒落だなんて言ったのは、誰! 10月家計簿 >>