ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

いざ、フランス大使館へ



8月6日、ついに東京は広尾にあるフランス大使館へ

ビザ申請手続きに行ってきました


d0333961_22372727.jpg




広尾駅1番出口から徒歩10分

どことなく洋風な佇まいの住宅街を進むと

ここがビザ申請の天王山



ひとりづつ入り口をくぐると、パスポートと予約票を掲示

身分証明書は預けなくて大丈夫です

カバンチェックののち

空港の金属探知機のようなゲートをくぐります


第2の扉を入るとすでに15人ほどの待ち人が


10時10分頃に到着し、

10時半の予約でしたが10時25分には名前を呼ばれました



用意した書類

・申請書類チェックリスト
・長期ビザ申請書 ※滞在先の住所を必ず記載
・証明写真 35×45mm
・パスポート
・50ユーロ相当の日本円 ※大使館のHPにレートが更新されています
・語学学校の仮登録書 ※Campus Franceのハンコ入りコピー必須!
・経済証明
・移民局(OFII)提出用フォーム
・パスポート受領に必要なもの ※私はレターパックにしました


書類の不備や漏れがないことはもちろんですが、

ここで、一番重要なのは

申請書類をそれぞれ原本とコピーを合わせ、

必ず申請書類チェックリストに記載の順番に重ねて提出すること!

適当な順番に並べて出した方は、

かなりきつめに叱責された後

一回下がるように言われ、再度名前が呼ばれるの待たなくてはなりません


私は運良く順番に並べていましたが、

ちょうど怒られている方がおり、こちらまで恐々としました



申請まで気になっていた住居証明ですが、

最近簡略化された通り、長期ビザ申請書に

ステイ先の住所、名前、電話番号、メールアドレスなどを

記入するだけでOK

前まで必要だったような書類はいりませんでした



仕事のできるチャキチャキしたお姉さんのブースに呼ばれ、

Campus France面接日、フランス到着予定日、

語学学校の登録期間を聞かれたのち

書類をチェックされ、

長期ビザ申請書にお家の電話番号ではなく

携帯電話の番号に書くように言われた以外はとくに指摘はありませんでした



書類チェックのあとはしばし待機

別のブースで写真撮影とお金の支払いがありました

ここでいただく大きなレシートのような紙が、

HPからビザ申請の進捗を確認するために必要になります




10時50分には全ての手続きが完了



待合室には、トイレもウォーターサーバーもあります

600円の証明写真機もありました

ハサミやのり、移民局提出フォームなどもあったので

万が一忘れても対応できそうです





かなり緊張して挑みましたが、

特別なことを聞かれることもなくすぐに終わりました


大使館HPにきちんと詳しい書類の説明が書いてありますので、

不備がないようにすること、

順番を正しく並べることだけ怠らなければ問題ないかと思います
[PR]
by nanaoparis | 2015-09-01 08:00 | 学生ビザを取ろう!
<< 大使館ついでに東京観光 フランス留学準備セミナーに参加する >>