ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

フランス学生ビザ、残高証明いくらいるの?

さて、留学を計画してからずっと悩みの種だったのが残高証明

一体いくらあれば良いのでしょう?



フランス大使館HPの必要書類リストによると

経済証明(フランス政府給費留学生は提出の必要なし):入学金や授業料、帰国時の交通費、生活費(食費、住宅費など)等、留学にかかるすべての費用がまかなえる十分な経済力があることを証明しなければならない。尚、学生ビザが報酬の発生する労働活動を認めることは考慮に入れない。
1カ月あたり最低615ユーロの留学資金の証明が必要。住宅費がかからない場合は、1カ月あたり308ユーロ(要証明書)。
 私費の場合: 1カ月以内に発行された銀行残高証明書。


とあります


おおよそ1ユーロ140円で計算すると

615 × 140 = 86,100円/月 + 授業料、航空券代

といったところでしょうか

あんまりギリギリだと落とされるという噂も



フランス大使館の方の金銭感覚が読めないため、

「十分な経済力がある」というのが難しい



「報酬の発生する労働活動を認めることは考慮に入れない」

というのがミソですね



私は新生銀行に英文で残高証明を発行してもらいました

すべての口座のお金を集結させ、

一部お金を工面していただき、

集まったのが、約210万円!


これでぴったり1年分の学生ビザを取得できました!


実際の予算は170万円です

ここから片道飛行機代76,000円と

残りの学費3160ユーロを引いた、約120万円が1年の生活費の予算



渡仏3ヶ月目からは何か収入を得る手段を確保し、

半年後までには月650ユーロ稼げるようになることと

生活費も月650ユーロに納めることが目標です



650ユーロは甘いかな〜
[PR]
by nanaoparis | 2015-08-24 08:00 | 学生ビザを取ろう!
<< パリ行き片道キップ 私のお家はどこ? >>