ブログトップ

パリの法隆寺

horyuji.exblog.jp

LCLピラミッド支店で銀行口座開設


無事に銀行口座開設できました!

全部日本語で対応してくれます

わざわざ留学に来て、日本語に頼るのはお洒落じゃないけれど

やっぱりここで開設してよかったです

お金のことはまだまだ英語でもフランス語でも難しい



さて、日本の銀行とフランスの銀行にはいくつか違いがあります


1.カルトブルー
フランスで口座を作ると、
キャッシュカードにデビッドカード機能が付いた
カルトブルーが発行されます。
こちらではあまり現金を持ち歩くことがなく、
普段のお買い物はほとんどこのカルトブルーだそうです。
ただし発行までに約2週間かかります。
LCLの学生向け口座のカルトブルーは国際学生証にもなります。
後日、携帯でもよいので自分の写真を撮り、
メールで送ると顔写真入りのカードができるようです。


2.小切手
フランスでは小切手の支払いが一般的だとか!
大家さん曰く、最近では不渡り小切手が多く、
嫌がるお店もあるそうですが
大きな買い物や支払いの証拠を残しておきたいときなど
便利だそうです。
口座を開設すると、カルトブルーと合わせて小切手も発行してくれます。


3.COMPTE DEPOTS
日本で言うところの普通口座。カルトブルーや小切手の支払い、
家賃の引き落としなど全てこの口座で行なう必須の口座。
ただし無利子。
別にLIVRET A という口座があります。
こちらはフランスにおいてひとり一口座まで開設可能。
現在は利子は0.70%。支払いなどには使えない、預金口座とのこと。
大きいお金を日本から送金することになれば、
LIVRE Aも開設しようかと思います。
カルトブルーがスキミングなどされた場合や、
盗難に合い不正使用された場合を考えると
COMPTE DEPOTSに全財産を入れておくのは危ないかも?


4.口座維持費がかかる
日本では一部の銀行を除き、ほとんどかかりませんが、
フランスでは基本的に口座維持費がかかります。
この中にカルトブルーの保険料も含まれているそうですが、
全額保障してくれる訳ではないようでした。
LCLでは通常月額6,25ユーロ。学生なら3,50ユーロ。
9月は新学期キャンペーン中とのことで、
1年間は0,15ユーロになりました!


5.通帳がない
利用明細は翌月に郵送で届きます。
ATMで残高照会できますが、
現在の口座状況を確認するのはインターネットバンキング。
口座開設1週間でインターネットバンキングの暗証番号が
郵送され、日々のお金の動きはネットで確認とのこと。


6.デポジット
これは外国人だから必要なのか、誰でもなのか
確認し忘れましたが、私は400ユーロのデポジットが必要でした。
他行で開設した友人は300ユーロだったとのこと。
口座を閉める時に、フランスか日本の他の銀行に
全額送金で返却してくれます。現金では無理とのこと。
あ、送金手数料について確認し忘れた!


7.RIB
手続きを行なっているとよく出てくるのが"RIB"
銀行の口座番号や持ち主の住所、
海外送金や振込の際に必要になる、口座を特定するための
IBANコード(International Bank Account Number)と
BICコード(Bank Identifier Code)も記載してあります。
学生定期を作るのにも必要でした。



口座開設に必要だったものは、

・パスポート
 解約や、住所変更などの際も必須とのこと
・住居証明
 LCL指定書式に大家さんの署名をした住居証明書
 大家さんの身分証明書
 EDFのコピー
・フランスの学校で発行された学生証
 まだ発行されていなかったので、仮登録証で大丈夫でした


です。

住居証明のフォーマットを取りに行くときにも

詳しく教えてくれます

私はホームステイ/又貸し用の住居証明でした



手続きの際に、

滞在予定期間、結婚してるか、子どもはいるか、貯金はいくらか

財産・不動産・美術品あるか、投資しているか

なども聞かれました

一応、口座開設可能かどうか支店長チェックがあるそうです



さて、それ以外に開設にあたって担当の方に確認したことは、

・解約手続きに必要なもの
→パスポート、カルトブルー、小切手。手数料無し

・ATM手数料
→LCLなら24時間、いつでも無料
 他行は月3回まで無料、以降1回1ユーロ

・日本からの送金の手数料
→ユーロで送金する際は、1回17.5ユーロ
 円で送金の場合は+為替手数料

・カルトブルーで支払う時の手数料
→無し。但し不渡りや残高不足の場合ペナルティーあり



です。


そのうちカルトブルーが出来ました通知が届くと、

再度パスポート、通知、400ユーロ、当面のお金

を持って行かなくてはいけません

携帯電話や定期代金の引き落としをこの口座にするなら、

その分も入れておかなければ残高不足になってしまうので注意

それから、カルトブルーを受け取った日に、本人確認のために

一度いくらか引き出ししないと、カードが使えなくなるそうです



携帯電話の契約が済んだら電話番号の登録も必要です
(これは予約無し、窓口対応可能)



さて、次回のRDV(予約)を取ってくれたので、

その時にカードの受け取りと

インターネットバンキングの登録です
[PR]
by nanaoparis | 2015-09-26 16:30 | 渡仏後の手続き | Comments(0)
<< 矢印の向き 在仏日本大使館に在留届を出す >>